専門用語・業界用語

「vary」とは?「differ」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「vary」と「differ」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「vary」とは?

– 「vary」とは、何かを変化させる、変更するという意味です。アイデアや計画、意見などが異なる形で表現されることを指すこともあります。

「differ」とは?

– 「differ」とは、異なる、違うという意味です。2つ以上の事物が互いに異なる点を持っていることを指し、比較や対比の対象として使われることが多いです。

「vary」と「differ」の違い

– 「vary」と「differ」は、いずれも異なることを表す言葉ですが、使われる文脈やニュアンスが異なります。
– 「vary」は、何かを変化させることを強調し、多様性や変動性を表現する際に使われます。一方、「differ」は、2つ以上の事物が互いに異なる点を強調し、比較や対比を行う際に使われます。

「vary」の例文

– The flavors of ice cream vary depending on the season. (アイスクリームの味は季節によって異なります。)
– The opinions on this topic vary greatly among experts. (このトピックに関する意見は専門家の間で大きく異なります。)

「differ」の例文

– Their opinions differ on how to solve this problem. (彼らの意見はこの問題の解決方法について異なっています。)
– These two cars differ in terms of fuel efficiency. (これらの2台の車は燃費の点で異なります。)

まとめ

– 「vary」とは変化させる、変更することを指し、多様性や変動性を表現します。
– 一方、「differ」とは2つ以上の事物が互いに異なる点を強調し、比較や対比を行います。