ビジネス・就職・転職

「辞任」とは?「辞職」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「辞任」と「辞職」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「辞任」とは?

「辞任」とは、公職や役職を自発的に辞めることを指します。自分の意志でその職務を終了させることを意味し、一般的には人事や組織の都合ではなく、個人の意思により行われます。

「辞職」とは?

「辞職」とは、職場や組織から離れることを指します。退職や職務の終了を意味し、一般的には自らの意思や都合により雇用契約を解除することを指します。

「辞任」と「辞職」の違い

「辞任」と「辞職」の違いは、その意味するところにあります。前述の通り、「辞任」は公職や役職を自発的に辞めることを指し、「辞職」は職場や組織から離れることを指します。

「辞任」の例文

– 役員としての任期を終えたので、役職を辞任しました。
– 現在の職場での仕事に疲れたため、管理職のポジションから辞任しようと思っています。

「辞職」の例文

– 職場の環境が合わないため、会社を辞職することに決めました。
– キャリアチェンジのため、現在の仕事を辞職する予定です。

まとめ

「辞任」と「辞職」は、どちらも職務や役職から離れることを意味していますが、その違いは自発的に辞めるか、職場や組織から離れるかにあります。自分の意思による離職を「辞任」といい、職場や組織からの離職を「辞職」といいます。