専門用語・業界用語

「決意」とは?「決断」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「決意」と「決断」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「決意」とは?

「決意」とは、物事に対して強い意志を持ち、それを実現するために努力することです。自分の意志や目標をしっかりと持ち、それを達成するために動くことが特徴です。

「決断」とは?

「決断」とは、何かを選び、それに対して行動することです。複数の選択肢の中から最善の選択をするために、慎重に考えたり判断したりします。決断は、物事を進めるための重要なステップです。

「決意」と「決断」の違い

「決意」と「決断」は似ていますが、微妙な違いがあります。決意は目標達成のために強い意志を持ち行動することを指し、決断は具体的な選択をすることを指します。つまり、決意は行動する意志を表すのに対して、決断は具体的な選択をする行為を表すと言えます。

「決意」の例文

以下は「決意」の例文です。

1. 私はダイエットに成功するため、毎日運動することを決意しました。
2. 勉強を頑張るために、スマートフォンの使用を制限すると決意しました。

「決断」の例文

以下は「決断」の例文です。

1. 転職を決断し、新しいキャリアに挑戦することにしました。
2. 大学進学を決断して、自分の将来に向けた学びをすることにしました。

まとめ

「決意」と「決断」は、自身の意思や目標に基づいて行動することを表しますが、微妙な違いがあります。決意は行動する意志を示し、決断は具体的な選択をする行為を指します。どちらも重要な要素であり、目標達成や人生の方向性を決める上で欠かせません。初心者にもわかりやすく丁寧に解説しましたので、理解しやすいかと思います。