専門用語・業界用語

「tally」とは?「aggregate」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「tally」と「aggregate」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「tally」とは?

「tally」は、データセット内の特定の項目や条件の数を数えるための操作です。データの集計に使用されます。

「aggregate」とは?

「aggregate」は、データセット内のグループごとにデータをまとめるための操作です。データを集約して統計情報を算出することができます。

「tally」と「aggregate」の違い

「tally」と「aggregate」は、データの扱い方が異なります。前者はデータの数え上げを行い、後者はデータをまとめて集計します。具体的には、データ数のカウントや集計結果の平均値、合計値の算出などが異なる操作です。

「tally」の例文

例えば、「tally」を使用して特定の商品の販売数を数えることができます。「商品Aの販売数をtallyしてください」といったような用途です。これにより、商品Aの売上数を確認することができます。

「aggregate」の例文

「aggregate」を使用する例として、ある店舗の販売データを集計することを考えてみましょう。各商品の売上数と売上金額を集計して、店舗全体の売上状況を把握することができます。「商品ごとの売上数と売上金額をaggregateしてください」といったような指示です。

まとめ

「tally」と「aggregate」は、データ操作の一環として使用される概念です。前者はデータの数え上げ、後者はデータのまとめ上げを行います。この違いを理解して、適切な操作を行うことが重要です。初心者にもわかりやすく丁寧に説明することを心掛けてください。