金融・経済

「earnings」とは?「income」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「earnings」と「income」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「earnings」とは?

「earnings」とは、個人や企業がある期間に得た収入や利益のことを指します。具体的には、給与、事業の利益、投資の利益などが含まれます。

「income」とは?

「income」とは、個人や企業がある期間に得た収入全体のことを指します。具体的には、給与や事業の利益、投資の利益、賃貸料などが含まれます。「income」は、広い範囲の収入を指す言葉です。

「earnings」と「income」の違い

「earnings」と「income」の違いは、範囲の広さです。「earnings」は、特定の収入や利益を指し、主に給与やビジネスの利益に関連します。一方、「income」は、より広い範囲の収入を指し、給与や事業の利益だけでなく、他の収入源も含まれます。

「earnings」の例文

1. 私の年間の「earnings」は、給与と投資の利益から成り立っています。
2. 彼女は会社での「earnings」が増えたので、生活水準を上げることができました。

「income」の例文

1. 私の月間の「income」は、給与、事業の利益、投資の利益、そしてアルバイトの収入から構成されています。
2. 彼は不動産の賃貸料による「income」を得ています。

まとめ

「earnings」と「income」は、収入や利益を表す言葉ですが、範囲の広さに違いがあります。「earnings」は特定の収入や利益を指し、「income」はより広い範囲の収入を指します。注意して使い分けることが重要です。