専門用語・業界用語

「average」とは?「mean」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「average」と「mean」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「average」とは?

「average」とは、あるデータの集合の中での平均値を指します。数値の合計をデータの個数で割ったものが平均です。例えば、1, 2, 3, 4, 5という5つの数値がある場合、それらの合計を5で割った2.5が平均値となります。

「mean」とは?

「mean」とは、「average」と同じ意味で使用されることがあります。つまり、あるデータの集合の中での平均値を指します。

「average」と「mean」の違い

「average」と「mean」は、同じ意味で使用されることが一般的です。両者はデータの集合の中での平均値を指すため、基本的には同じ意味です。

「average」の例文

例えば、あるクラスの生徒たちのテストの点数が以下のようになっています。
– 生徒A: 80点
– 生徒B: 90点
– 生徒C: 70点
– 生徒D: 85点
– 生徒E: 95点

これらの点数の平均を求めると、合計420点を生徒数5で割った84点となります。したがって、このクラスのテストの平均点は84点です。

「mean」の例文

例えば、ある都市の1週間の気温データが以下のようになっています。
– 月曜日: 25℃
– 火曜日: 27℃
– 水曜日: 26℃
– 木曜日: 24℃
– 金曜日: 23℃
– 土曜日: 22℃
– 日曜日: 26℃

これらの気温の平均を求めると、合計173℃を7で割った24.7℃となります。したがって、この都市の1週間の平均気温は24.7℃です。

まとめ

「average」と「mean」は、データの集合の中での平均値を指す言葉です。両者は基本的に同じ意味で使用されます。例文を通じて、それぞれの概念や使い方を理解しましょう。