ビジネス・就職・転職

「良客」とは?「クソ客」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「良客」と「クソ客」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「良客」とは?

「良客」とは、サービス業や接客業で働く人たちが、良い印象を持つお客様のことを指します。丁寧な態度や礼儀正しい態度を持ち、スムーズな取引やコミュニケーションができるお客様を指します。

「クソ客」とは?

「クソ客」とは、サービス業や接客業で働く人たちが、厄介なお客様と感じる人を指します。無理難題を押し付けたり、横柄な態度を取ったりするお客様を指します。

「良客」と「クソ客」の違い

「良客」と「クソ客」の違いは、お客様の態度や行動にあります。良客は礼儀正しく、相手の立場や労働を理解し、協力的な態度を持って接することができます。一方で、クソ客は無理難題を要求し、横柄な態度をとることがあります。

「良客」の例文

例えば、レストランでの良客の例を挙げると、お店のルールを守り、スタッフに対して丁寧な態度で接するお客様が該当します。メニューの注文や食事中のマナーも良く、トラブルが発生しても冷静に対応するお客様が良客の一例です。

「クソ客」の例文

一方、レストランでのクソ客の例を挙げると、自分勝手な注文や非常識な要求をするお客様が該当します。スタッフに対して威圧的な態度をとったり、文句を言ったりするお客様がクソ客の一例です。

まとめ

良客とクソ客は、お客様の態度や行動によって区別されます。良客は丁寧な態度や礼儀正しい態度を持ち、スムーズな取引やコミュニケーションができるお客様を指します。一方、クソ客は無理難題を要求し、横柄な態度をとるお客様です。サービス業や接客業で働く人たちにとって、良客との取引は心地よく、クソ客との取引はストレスを感じることが多いです。初心者にもわかりやすく丁寧な回答を心掛け、カジュアルなトーンでお伝えしました。