金融・経済

「年収」とは?「年商」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「年収」と「年商」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「年収」とは?

年収とは、1年間に得た給与や手取り収入の総額のことを指します。給与やボーナスなどの定期的な収入が含まれるほか、年末の一時金や特別手当なども含まれることがあります。

「年商」とは?

年商とは、1年間に得た売上高の総額のことを指します。会社や個人事業主など、ビジネスを行っている場合には、商品やサービスの販売によって得た収入が年商に含まれます。

「年収」と「年商」の違い

「年収」と「年商」の違いは、収入源の違いです。年収は、主に給与や手取り収入によって成り立っています。一方、年商は、商品やサービスの販売によって得た売上高によって成り立っています。

また、年収は個人の収入を表す指標であり、主にサラリーマンや会社員の給与に関連しています。一方、年商は企業や個人事業主のビジネスの規模や活動の成果を表す指標であり、売上高に関連しています。

「年収」の例文

例えば、Aさんはサラリーマンとして働いており、給与として年収500万円を得ています。この場合、Aさんの年収は500万円となります。

また、BさんはフリーランスのWebデザイナーとして活動しており、クライアントからの収入が年収になります。Bさんの年収は、年商が1000万円である場合、その中から事業にかかる経費や税金などを差し引いた金額となります。

「年商」の例文

例えば、C社は飲食店を経営しており、1年間に得た売上高が年商となります。C社の年商は1000万円となります。

また、Dさんは個人事業主として商品を販売しており、その売上が年商になります。Dさんの年商は、1年間での商品の販売で得た収入の総額となります。

まとめ

「年収」と「年商」は、それぞれ異なる収入源を表す指標です。「年収」は個人の収入を示し、主に給与などの定期的な収入に関連しています。「年商」は企業や個人事業主のビジネスの規模や売上高を示し、商品やサービスの販売によって得た収入に関連しています。