生活・教育

「学級閉鎖」とは?「学校閉鎖」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「学級閉鎖」と「学校閉鎖」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「学級閉鎖」とは?

学級閉鎖とは、ある学校内の特定の学級が感染症などの疾病の拡大を防ぐために一時的に休校となることです。

「学校閉鎖」とは?

学校閉鎖とは、全ての学級や学年が感染症などの疾病の拡大を防ぐために一時的に休校となることです。

「学級閉鎖」と「学校閉鎖」の違い

学級閉鎖は、特定の学級だけが休校になりますが、学校閉鎖は全ての学級や学年が休校となります。学級閉鎖は感染の範囲を限定するため、学校全体を休校するよりも短期間で復帰することができる場合があります。

「学級閉鎖」の例文

例えば、ある学級の生徒がインフルエンザに感染した場合、その学級だけを休校とし、他の学級は通常通り授業を行います。このように学級閉鎖を行うことで、感染の拡大を防ぐことができます。

「学校閉鎖」の例文

例えば、学校内で複数の学級や学年に感染症が広まった場合、全ての学級や学年を休校とし、生徒たちは自宅で授業を受けることになります。このように学校閉鎖を行うことで、感染の広がりを抑えることができます。

まとめ

学級閉鎖とは特定の学級の休校、学校閉鎖とは全ての学級や学年の休校を意味します。感染症の拡大を防ぐために、適切な措置をとることが重要です。初心者にもわかりやすく丁寧な回答を心掛けています。