専門用語・業界用語

「周知」とは?「衆知」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「周知」と「衆知」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「周知」とは?

「周知」とは、ある情報や知識を広く知らせることを意味します。これは、特定のグループや組織内で必要な情報を共有し、関係者全員が理解していることを確認するために行われます。

「衆知」とは?

「衆知」とは、多くの人々が持つ知識や情報のことを指します。つまり、一般の人々が知っていることや、社会全体で共有されている知識を指すことが多いです。

「周知」と「衆知」の違い

「周知」と「衆知」は似ていますが、微妙な違いがあります。まず、周知はあるグループや組織内での情報共有を指し、関係者全員が情報を知ることを目的としています。一方で、衆知は社会全体や一般の人々が持つ知識や情報を指し、広く共有されていることを重視しています。

「周知」の例文

以下は、「周知」の例文です。

1. 「社内イベントの日程が変更されました。全員に周知してください。」
2. 「新しいルールが導入されました。社員全員に周知のためのミーティングを開きます。」

「衆知」の例文

以下は、「衆知」の例文です。

1. 「世界遺産に登録された寺院は、国内外の観光客から衆知されています。」
2. 「社会問題となっている環境問題は、衆知のもと取り組むべき課題です。」

まとめ

「周知」と「衆知」は、情報や知識を広く共有することを目的としていますが、その対象や範囲が異なります。周知は特定のグループや組織内での情報共有を指し、関係者全員に情報を共有することを目的としています。一方、衆知は社会全体や一般の人々が持つ知識や情報を指し、広く共有されていることを重視しています。