専門用語・業界用語

「ストライプ」とは?「ボーダー」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「ストライプ」と「ボーダー」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「ストライプ」とは?

ストライプとは、縞模様のことを指します。縦縞や横縞など、様々な方向の縞模様があります。ストライプは、衣類やインテリアなどによく使用され、そのデザインによって印象が大きく異なります。

「ボーダー」とは?

ボーダーとは、横縞のことを指します。縞模様とは言え、ストライプとは異なるデザインです。ボーダーは、横に平行な縞が連続して配置されており、一定の幅や色で区切られています。特に、ナautical(ヨーロッパの船員風)などのスタイルでよく使われます。

「ストライプ」と「ボーダー」の違い

ストライプとボーダーは、共に縞模様ですが、そのデザインや配置に違いがあります。

ストライプは、横縞や縦縞など、さまざまな方向の線が連続して配置されます。線の太さや間隔、色などにバリエーションがあります。一方、ボーダーは、横に平行な縞が連続して配置されます。縞の幅や色は一定であり、一般的には細い縞が連続しています。

また、ストライプは幅広いアイテムに使われていますが、ボーダーは主に衣類やファッションアイテムに使われます。

「ストライプ」の例文

– 彼女は、カラフルなストライプのドレスを着ていました。
– この壁紙には、細い縦ストライプが描かれています。
– トートバッグには、横ストライプの柄が入っています。

「ボーダー」の例文

– 彼は、ボーダーのシャツを着ていました。
– ワンピースには、ブルーとホワイトのボーダーが特徴的です。
– このキャップには、太い横ボーダーがデザインされています。

まとめ

ストライプとボーダーは、縞模様のデザインですが、デザインや配置に違いがあります。ストライプはさまざまな方向の線が連続して配置され、幅広いアイテムに使われています。一方、ボーダーは横に平行な縞が連続し、主に衣類やファッションアイテムに使われます。どちらのデザインも個性的であり、おしゃれな印象を与えます。