専門用語・業界用語

「ステープラ」とは?「ホッチキス」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「ステープラ」と「ホッチキス」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「ステープラ」とは?

ステープラは、文書や資料をとじるために使用される文房具の一種です。ステープラは、紙を挟んでそのまま留めることができるため、便利に使用することができます。

「ホッチキス」とは?

ホッチキスは、紙をとじるための文房具です。ホッチキスは、紙を穴を開けて留めることができるため、複数の紙をまとめてとじることができます。

「ステープラ」と「ホッチキス」の違い

ステープラとホッチキスの違いは、留め方にあります。ステープラは紙を挟んで留める方法ですが、ホッチキスは穴を開けて留める方法です。また、ステープラは1枚の紙を留めることができるのに対し、ホッチキスは複数の紙をまとめて留めることができます。

「ステープラ」の例文

例えば、会議の資料をステープラで留めることがあります。ステープラは、文書をしっかりと留めることができるため、大切な資料を紛失する心配がありません。

「ホッチキス」の例文

例えば、プレゼンテーションの資料をホッチキスで留めることがあります。ホッチキスは、複数のスライドをまとめて留めることができるため、スムーズにプレゼンテーションを行うことができます。

まとめ

ステープラとホッチキスは、どちらも紙を留めるための文房具ですが、留め方に違いがあります。ステープラは紙を挟んで留める方法であり、ホッチキスは穴を開けて留める方法です。適切な文書や資料の留め方を選ぶことで、効果的に情報を整理することができます。