食品

「コールスロー」とは?「ザワークラウト」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「コールスロー」と「ザワークラウト」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「コールスロー」とは?

コールスローは、野菜を細かく刻んでマヨネーズなどのドレッシングで和えたサラダのことです。主にキャベツや人参を使用し、さっぱりとした味わいが特徴です。

「ザワークラウト」とは?

ザワークラウトは、キャベツを発酵させたもので、塩漬けにして熟成させます。酸味があり、ドイツ料理やポーランド料理などでよく使われます。

「コールスロー」と「ザワークラウト」の違い

コールスローとザワークラウトの大きな違いは、調理方法と味わいです。コールスローは生野菜を使い、ドレッシングで和えるため、さっぱりとした味わいがあります。一方、ザワークラウトは発酵させたキャベツを使用し、酸味があります。

「コールスロー」の例文

コールスローを作るためには、キャベツと人参を細かく刻みます。その後、マヨネーズや酢、砂糖を加えてよく混ぜ、冷蔵庫で冷やしてください。

「ザワークラウト」の例文

ザワークラウトを作るためには、キャベツを細かく刻んだ後に塩を加え、密閉容器に入れて熟成させます。数週間経つと酸味が増し、食べごろとなります。

まとめ

コールスローは生野菜を使い、マヨネーズなどで和えたさっぱりとした味わいのサラダです。一方、ザワークラウトはキャベツを発酵させたもので、酸味があります。どちらも野菜を活用した料理であり、食卓によく登場するメニューです。初心者にもわかりやすく丁寧に解説しましたので、ぜひ試してみてください。