生活・教育

「さとり世代」とは?「ゆとり世代」との違いをわかりやすく解説!

この記事では、「さとり世代」と「ゆとり世代」の違いを分かりやすく簡単に解説します。

「さとり世代」とは?

「さとり世代」とは、1987年から1996年生まれの世代を指します。この世代は、経済成長期であるバブル崩壊やリーマンショックといった大きな社会変動を経験しながら成長しました。

「ゆとり世代」とは?

「ゆとり世代」とは、1977年から1986年生まれの世代を指します。この世代は、経済成長期の中で生まれ育ち、バブル崩壊やリーマンショックといった社会変動をあまり経験せずに成長しました。

「さとり世代」と「ゆとり世代」の違い

「さとり世代」と「ゆとり世代」の違いは、主に経済状況と社会変動への経験の差にあります。さとり世代はバブル崩壊やリーマンショックといった大きな変動を経験したため、将来への不安や経済的な厳しさを強く感じています。一方、ゆとり世代は、経済成長期の中で育ち、バブル崩壊やリーマンショックをあまり経験せず、経済的な安定を享受することができました。

「さとり世代」の例文

– さとり世代は、就職活動の際に厳しい競争を経験しました。
– さとり世代は、不況の中で苦労しながらも社会で生き抜いてきました。

「ゆとり世代」の例文

– ゆとり世代は、高度成長期を経験し、物質的な豊かさを享受しました。
– ゆとり世代は、バブル期に大学進学率が上がったため、多様な進路選択肢を持っています。

まとめ

「さとり世代」と「ゆとり世代」は、経済状況と社会変動への経験の差によって特徴付けられます。さとり世代は不況や競争社会に直面し、ゆとり世代は経済成長と安定を経験しました。それぞれの世代が持つ価値観や考え方は異なるものとなっています。